ハローワーク立川は行光さんの雇止め解雇を撤回せよ!

2014年3月末、ハローワーク立川で6年間就職支援ナビゲーター(相談員)をつとめてきた行光誠治さんは、「ほかにいい人がいたから」との一言で雇い止め(=任用拒否)解雇されました。
非正規公務労働者には労働契約法などの労働法は全く適用されません。異議申し立ての手段を奪われている行光さんは、裁判でたたかう道を選びました。
2017年3月8日、東京地裁は行光さんの訴えをすべて却下する判決を下しました。しかし、行光さんは決して諦めません。
不当判決を許さず、控訴審闘争をたたかうことを決意しました。
「雇用の安定と確保」を図らなければならないハローワークが、非正規職員を使い捨てにすることを許してはなりません。
行光さんのたたかいは、全国で働く非正規公務労働者の生きる権利のためのたたかいであり、すべての非正規労働者の誇りを取り戻すためのたたかいです。
控訴審闘争勝利のために、裁判費用など最低限50万円の資金が必要です。
ぜひ、多くの方の支援カンパをお願い致します。また、控訴審闘争をたたかう行光さんへの賛同及び応援アピールをお寄せください。

振替口座 : ゆうちょ銀行 00130-8-634207
口座名称 : ハロワ立川裁判(ハロワタチカワサイバン)

集約先:府中緊急派遣村労働組合(ハロワ立川裁判対策部)
〒183-0006 東京都府中市緑町2-15-8梶ハイツ101号
TEL/FAX 042-365-3733
※ 賛同およびアピールもこちらまでお願いします。
その際、個人名、団体名の公表の可否をお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です