6.27アベNO!府中(第2弾)

6月27日に表記のイベントを開催しました。
5月10日につづく第2弾でしたが、この一ヶ月で安保法制の危険性が多くの人の共通認識になっており、道行く人たちからさまざまな反応があり情勢が大きく変化したことを感じました。
今にも雨が降りそうな天気で、通行人は日曜日に開催した5月より明らかに少なかったにもかかわらず、シール投票は、賛成6票、わからない7票に対して、反対は178票に達しました。
政府の安保法制に関する説明が不足していることから、今回は「わからない」という選択肢を加えましたが、結果として「反対」が圧倒しました。
また、私たちも支持政党を超えた「オール府中」の陣形で活動しており、いろいろな参加者があり、さまざまな方法でアピールしました。
歌での訴えも多岐にわたり、みんなが知っている歌の替え歌や、チリのピノチェト軍事政権下の歌であるケサラなどで、街頭を盛り上げていました。

繰り返しになりますが、今回ほど街頭の反応を感じたことはありませんでした。
自ら近寄ってきて私たちを激励してくださる方、パネルを熱心に見ていた方などをたくさん目にしました。
次回は、7月19日(日)に第3弾を行います。これについてはまたアナウンスします。

026

011

047

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

down with abe